札幌山の手がV 北海道男子代表に 2位の北海道栄も全国大会へ 高校駅伝

毎日新聞

北海道高校駅伝大会で1位でフィニッシュする札幌山の手のアンカー・野田銀選手=北海道北見市で2019年10月18日、貝塚太一撮影

 北海道北見市で18日に開かれた男子第72回・女子第35回道高校駅伝競走大会(道陸協、道高体連、道教委主催、毎日新聞社など後援)で、男子は札幌山の手が2年ぶり11回目、女子は旭川龍谷が8年連続8回目の全国大会出場を決めた。昨年、優勝した男子2位の北海道栄も全国大会が記念大会のため出場が決まった。

 道代表の男女3校は、12月22日に京都市で開かれる男子70回・女子31回全国高校駅伝大会(毎日新聞社など主催)に出場し、師走の都大路でたすきをつなぐ。【三沢邦彦】