県大会 きょう号砲 「令和に新たな風を」 開会式、選手宣誓で健闘誓う /秋田

毎日新聞

開会式で選手宣誓する大曲の熊谷明梨主将=秋田市で

 師走の都大路を目指す男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走県大会(県高体連、県教委、秋田陸協、毎日新聞秋田支局主催)の開会式が19日、秋田市のソユースタジアムで行われた。

 開会式では昨年大会の女子優勝校、大曲の熊谷明梨主将(3年)が「たすきをつなげることに誇りを持ち感謝し、令和のスタートに新たな風を吹き込めるよう最後まで走り抜くことを誓います」と力強く選手宣誓した。

 男子は午前9時45分、同スタジアムをスタートし7区間42・195キロ、女子は午前11時15分、一つ森公園ロックガーデン下をスタートし、5区間21・0975キロでたすきをつなぐ。ゴールはともに同スタジアムだ。

 男女の優勝チームは、12月22日に京都市で開催される全国大会に出場する。また上位各4チームは、11月7日に山形県長井市で行われる東北大会に出場する。男子は第70回の記念大会のため、東北6県の県大会優勝校を除いた東北大会の最上位校も全国大会への出場権を得る。【下河辺果歩】