県大会 4日、宇都宮で 佐野・台風被害、トラックを周回 /栃木

毎日新聞

 県高校体育連盟は、来月3日に佐野市で予定していた男子第72回、女子第34回県高校駅伝競走大会(県高体連、毎日新聞社など主催)の開催日と会場を変更し、同4日に県総合運動公園陸上競技場(宇都宮市西川田4)で実施すると発表した。台風19号による佐野市内の被害状況から判断した。同陸上競技場ではトラックを周回してタイムを競う。

 県高体連陸上専門部によると、発着点になる予定だった佐野市運動公園の駐車場に災害ごみの仮置き場があることや、コースの一部がごみの搬入経路にかかることなどから、変更が必要だと判断した。同専門部は「競技の安全と正確性や公平性を確保するための決定で、ご理解いただきたい」としている。

 コースは男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロで例年と変わらない。【萩原桂菜】