県予選 あす号砲 /群馬

毎日新聞

 男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会県予選(県高体連、毎日新聞社など主催)が27日、伊勢崎市陸上競技場を発着する男子7区42・195キロ、女子5区21・0975キロのコースで開かれる。男子は22校とオープン参加4チーム、女子は20校とオープン参加1チームが参加。優勝校は12月に京都・都大路で開かれる全国大会に出場する。

 男子の優勝争いの軸となるのは東農大二と昨年優勝の樹徳。ロードに強い吾妻中央や勢いのある健大高崎も上位をうかがう。

 女子は常磐が連覇を目指す。健大高崎、新島学園、高崎女子、太田女子も上位を争う展開を繰り広げそうだ。

 レースは、男子が午前10時半、女子が同10時40分スタート。6位までの入賞校は11月に神奈川県である関東大会の出場権を獲得する。【妹尾直道】