高校駅伝・沖縄 男子は北山2年ぶり8回目、女子は名護3年連続9回目の都大路切符

毎日新聞

沖縄県高校駅伝大会女子の部で優勝した名護のメンバー=同校提供

 男子第67回、女子第37回沖縄県高校駅伝競走大会(県高体連など主催)が1日、同県今帰仁村の村総合運動公園付帯マラソンコースであった。男子(7区間、42・195キロ)は北山が2時間18分21秒で優勝、女子(5区間、21・0975キロ)は名護が1時間18分55秒で栄冠に輝いた。

沖縄県高校駅伝大会男子の部で優勝した北山のメンバー=同校提供

 両校は12月22日に京都・都大路である全国高校駅伝競走大会(日本陸上競技連盟、毎日新聞社など主催)に出場する。男子の北山は2年ぶり8回目、女子の名護は3年連続9回目の出場となる。【門田陽介】