男子は藤沢翔陵が3年ぶり34回目の優勝 神奈川県高校駅伝

毎日新聞

藤沢翔陵の7区、岩野幸樹選手が大差をつけて走り終え、ガッツポーズを決める=神奈川県小田原市の城山陸上競技場で2019年11月2日、洪玟香撮影

 神奈川県小田原市で2日に開かれた男子第72回県高校駅伝競走大会(県高体連、神奈川陸協など主催、毎日新聞社など後援)で、男子は藤沢翔陵が3年ぶり34回目の優勝を決めた。

 藤沢翔陵は12月22日に京都市で開催される男子70回全国高校駅伝大会(毎日新聞社など主催)に神奈川県代表として出場する。同県山北町の丹沢湖周回コースは台風19号の被害が残るため、城山陸上競技場に会場を移し、トラックを周回する総合タイムを競った。【洪玟香】