県大会 男子・藤沢翔陵がV 女子・白鵬女子V3 両監督の話 /神奈川

毎日新聞

苦しい戦い続いた 藤沢翔陵・小菅正男監督

 いつもの力を存分に発揮できたとは言えないレースだった。周回コースが変わり前夜まで選手が走る順番を悩んで入れ替えた。苦しい戦いが続いたが、選手たちが頑張り、何とか勝てた。

序盤から頑張った 白鵬女子・佐野純監督

 序盤からよく頑張った。序盤に20~30秒くらい相手に差をつけられ4区で並び5区で逆転すればいいと思っていた。全国大会は1区で7割の勝敗が決まる。少しでも前に出て結果を残したい。