県予選 宇佐市で開会式 きょう号砲 /大分

毎日新聞

 男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)の県予選大会開会式が2日、宇佐市の安心院文化会館であり、各チームは3日の同大会に向けて決意を新たにした。

 今年は男子(7区間、42・195キロ)が昨年と同じ19校、女子(5区間、21・0975キロ)は四つ減って9校が出場。京都市で12月22日にある全国大会を目指し、秋深まる安心院路を駆け抜ける。

 式では、男女ともに昨年の大会を制した大分東明が優勝旗を返還。大会関係者たちは昨年の都大路での活躍を振り返り「培った力を存分に発揮してください」などと激励した。続いて、同校女子の武井萌夏主将(3年)が「令和という新しい時代にたすきをつなげることに喜びを感じ、一秒でも早く仲間の元へと走り抜けます」と選手宣誓した。

 大会は3日、女子は午前10時、男子は午前11時50分に、それぞれ宇佐市安心院支所前をスタート。県立安心院高校前にフィニッシュする。【宮本勝行】