県予選 男子、那須拓陽が連覇 女子、白鷗大足利V6 喜びの声 /栃木

毎日新聞

 ◆男子・喜びの声

1区・岡本歩夢選手(3年)

 先行されたが、落ち着いてレースを組み立てて粘りきることができた。

2区・稲葉夢斗選手(1年)

 持ち味であるラストスパートを生かすプラン通りの走りができた。

3区・深井琉聖選手(3年)

 最後のスプリント勝負で勝つ狙い通りの良いレースが展開できた。

4区・鈴木紀寛選手(3年)

 自分のペースで走ることだけを考えていた。都大路では楽しく走りたい。

5区・菊地圭太選手(3年)

 ラスト勝負に持ち込もうと考えていた。安定感のある走りで勢いづけたい。

6区・海老沢憲伸選手(2年)

 自分で勝負を決めるつもりで走った。都大路では攻めの走りをしたい。

7区・工藤巧夢選手(2年)

 後半は体が重くきつかった。都大路では託された区間をしっかり走りたい。

 ◆女子・喜びの声

1区・藤原唯奈選手(2年)

 自信を持って走れず悔しい。都大路を走れるならリベンジしたい。

2区・太田瞳選手(1年)

 初めての駅伝で緊張したが、後に控える先輩のおかげで自分の走りができた。

3区・山口あずさ選手(2年)

 個人としては区間1位を取れず悔しかったが、優勝に貢献できて良かった。

4区・梅村光理選手(3年)

 6連覇の重圧もあり本調子ではなかったが、チーム全員のおかげで優勝できた。

5区・古橋佳奈選手(3年)

 都大路では過去最高の13位を超え入賞できるように明日からまた練習したい。