松山商、四国地区代表で都大路 四国高校駅伝男子3連覇

毎日新聞

ガッツポーズをしてフィニッシュする松山商・沖勘太郎選手=西条市ひうちの西条ひうち陸上競技場で2019年11月17日午後1時11分、木島諒子撮影

 愛媛県西条市で17日にあった男子第63回、女子第31回四国高校駅伝競走大会(四国高体連など主催)で、全国大会が記念大会にあたる男子は、松山商(愛媛)が各県予選優勝校を抑えて3連覇で地区代表として都大路への切符を手に入れた。優勝は4回目。全国大会出場は4年連続13回目。

 女子は八幡浜(愛媛)が2年連続5回目の優勝。2年連続で愛媛県勢の男女アベック優勝となった。

 男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)は12月22日に京都市で開かれる。【木島諒子】