前回Vの倉敷、上位へ照準 「たたき上げ」選手たちが夏を越え力増す 全国高校駅伝

毎日新聞

トラックで走り込む倉敷の選手たち=岡山県倉敷市の倉敷運動公園陸上競技場で2019年12月7日午後3時20分、伝田賢史撮影

 男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)は12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42.195キロのコースで開催される。前回覇者として臨む倉敷(岡山)は県予選会のタイムが2時間3分57秒と全国3位、県の大会記録を1分41秒も更新した。都大路でも上位入賞を狙う。

 新雅弘監督(58)が「今年は“超”がつくほど真面目」と評する選手たちが、夏を越えて力強さを増してきた。新チーム発足当初、目立ったのは全国高校総体5000メートルで10位に入ったエース・石原翔太郎選手(3年)ぐらいだったが、夏合宿で積極的なクロスカントリーコースの走り込みを経て5000メートル14分30秒切りを日本人5人が達成した。新監督は「夏までは弱かったが、ようやく都大路で戦える態勢が整った」と話す。

 新チームが決める5カ条のルールに、今年は「優勝校に恥じない行動」を加えた。毎日、寮での夕食前に5カ条のルールを唱える。石原主将は「優勝校と見られていることを自覚し、練習の行き帰りの自転車の交通マナーから気をつけている」という。新監督は「どこに出しても恥ずかしくないチーム。だが、勝負事では裏で少々ずる賢いような選手の方が強い」と苦笑する。

 今年も中学時代に全国大会の出場経験がない「たたき上げ」の地元出身選手ばかり。練習法で新監督が重視するのは「腹八分目、72秒」。スピード練習での設定タイムはトラック1周(400メートル)72秒と、1キロ換算で3分と強豪校としては決して速くない。「けがをせずに練習を積むことが大事」(新監督)だからだ。

 連続出場は全国最多の42回に伸びた。「選手たちは、一度途切れたら再現できないという記録のプレッシャーと戦ってきた。都大路の方が伸び伸び走れる」。選手層に昨年ほどの厚みはないが、表彰台を狙う力は十分に備えている。【伝田賢史】