仙台育英、V奪還へ準備着々 主力の日本人5選手が好調 全国高校駅伝

毎日新聞

朝練習で走り込む仙台育英の女子選手たち=宮城県多賀城市の同校多賀城校舎で2019年11月23日午前7時2分、伝田賢史撮影

 女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)は22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に5区間21.0975キロのコースで開催される。仙台育英(宮城)は、都道府県予選会のタイムが神村学園(鹿児島)に次いで全国2位。昨年の都大路で2連覇を逃した悔しさを糧に、雪辱の舞台に臨む。

 連覇を狙った昨年の都大路。レース直前に主力選手2人が故障で出場を回避したものの、最終5区の2キロ過ぎまでトップを守り、3位に食い込んだ。釜石慶太監督(32)は「チームの底力を感じられた。ただ連覇の可能性は高かったので、すごくもったいないことをした」と振り返る。

 夏合宿で1日40キロ近く走り込む豊富な練習量で有力選手を鍛え上げ、成し遂げた一昨年の優勝。釜石監督は昨年に故障者が相次いだ反省を踏まえ、今年は練習での走行距離を7割程度に抑え、自主的な追加走行も禁じた。代わりに練習後の栄養補給を促し、栄養講習を受けさせるなど選手の体のケアに細心の注意を払ってきた。

 一方で23年ぶりの優勝を経験したことで、選手たちの意識に変化も生じた。空き時間に補強運動やストレッチに取り組む姿が増えたといい、「私が現役だった頃の雰囲気になってきた。自信をもって練習に取り組めている」。2004年、2時間1分32秒の大会記録(当時)で都大路を制した当時の男子メンバーでもある釜石監督は目を細める。

 ケニア人留学生のエスタ・ムソニ(3年)が今夏に右大腿(だいたい)骨を骨折した影響で不出場だった県予選会も、予選会タイムは全国制覇した一昨年に8秒差まで迫った。5人の主力の3000メートル自己ベストは9分7~16秒台と好記録を連発。ムソニは再び都大路のメンバーから外れるが、釜石監督は「日本人だけで良い勝負ができるはず。各学年に全国トップレベルの選手がそろうバランスが強み」と手応えを深めている。

 昨年優勝を譲った神村学園を倒してV奪還へ。そのための準備は着々と整っている。【伝田賢史】