近畿代表・男子 須磨学園 エントリー選手アンケート /兵庫

毎日新聞

都大路に向けて調整する須磨学園の選手たち=神戸市須磨区で、黒詰拓也撮影

 【設問】(1)陸上を始めたきっかけ(2)今年一番頑張ったこと(3)将来の夢(4)大会への意気込み


岸本健太郎主将(3年)

 (1)中学時代に姉の影響で(2)駅伝に向けた取り組みのすべて(3)陸上に携わる仕事(4)どんな立場でもチームの1区間をしっかりやり切る

川端拳史選手(3年)

(1)中学の陸上部に入って(2)部活面は夏合宿で勉強面は日本史(3)中学の保健体育の教師(4)悔いのないように頑張る

川畑昇大選手(3年)

(1)小学校のマラソンでの2位が悔しくて(2)日本史の勉強(3)箱根駅伝での活躍(4)1秒でも速く次走者にたすきを渡す

上仮屋雄太選手(2年)

 (1)小学時代に友人に誘われて(2)距離を踏むこと(3)箱根駅伝で走る(4)1秒でも速くたすきをつなげるよう最善を尽くす

喜多村慧選手(2年)

(1)足が速かった兄に憧れて(2)距離を踏んでのスタミナ強化(3)マラソン世界一(4)全力を出し切り区間賞を取る

永吉恭理選手(2年)

(1)小学校の時にチビっ子マラソンに参加して(2)距離を踏むこと(3)箱根駅伝を走り実業団入り(4)よい位置でたすきをつなぐ。出るからには勝つ

八沢輝人選手(2年)

(1)小学校にクラブがあったから(2)調子が悪い時にどう立て直すかを考えて実行したこと(3)五輪出場(4)最善を尽くして優勝する

国安広人選手(1年)

(1)小学6年のマラソン大会で入賞して(2)夏合宿(3)箱根駅伝出場(4)チームの目標達成に向けて全力を尽くす

林田蒼生選手(1年)

(1)知り合いに勧められて(2)目標達成のための土台づくり(3)チャレンジし続けられる仕事に就く(4)持てる力を出し切る

広内颯選手(1年)

(1)(箱根駅伝「3代目山の神」こと)神野大地さんの走りを見て(2)誰にも負けないようにしたこと(3)箱根駅伝で優勝(4)チームを優勝に導く走り

〔神戸版〕

リアルタイムで開会式やレース展開を速報

 毎日新聞ではニュースサイト(https://mainichi.jp/miyako-oji/2019/timeline/)で22日のレース展開をタイムラインで速報する。また、レース前日の21日には、開会式の様子や選手・監督のコメントなども随時伝える。