「ワンチームで都大路を全力で駆け抜けます」 全国高校駅伝22日に号砲

毎日新聞

開会式で選手宣誓する神村学園の中須瑠菜主将=京都市右京区のハンナリーズアリーナで2019年12月21日午後3時40分、川平愛撮影

 男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会は22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に男子が7区間42・195キロ、女子が5区間21・0975キロのコースで行われる。記念大会の男子は都道府県代表に地区代表を加えた58校、女子は都道府県予選を勝ち抜いた47校が出場する。

 21日は開会式が同市のハンナリーズアリーナであり、全国高校体育連盟の岡田正治会長が「令和最初の高校駅伝として、記録にも記憶にも残る大会になることを願っている」とあいさつ。前回女子優勝の神村学園・中須瑠菜主将(2年)が「自然災害にも負けず復興を目指している方々に夢と希望と感謝を届け、ワンチームとなって都大路を全力で駆け抜けることを誓う」と選手宣誓した。

 開会式前の監督会議では出場校のオーダーが決まった。レースは女子が午前10時20分、男子が午後0時半にそれぞれスタートする。【芳賀竜也】

佐久長聖・高見沢勝監督

 (2011年の)監督就任後、一番の仕上がり。後半区間の選手も調子がいい。3区終了時にトップと40~50秒差なら逆転できる。

神村学園・有川哲蔵監督

 2区にバイレを置いたので、先行して逃げ切りたい。20秒差以上つけて5区に回せば勝てると思う。絶対に連覇を果たす。

仙台育英(女子)・釜石慶太監督

開会式で選手宣誓する神村学園の中須瑠菜主将=京都市右京区のハンナリーズアリーナで2019年12月21日、川平愛撮影

 (1区の)小海は上りに強いから起用した。(28回目の出場で)留学生がいないのは初。新たな仙台育英を見せたい。

仙台育英(男子)・真名子圭監督

 3区までは先頭と30秒くらいの差に抑え、4区が終わった時点で先頭争いができれば。(都道府県)予選タイム1位は全く意識していない。

諫早・藤永佳子監督

 (2年ぶりの出場に)落ち着こうとチームで話している。レースは1区で流れに乗れるかどうか。目標に掲げている8位入賞に近づきたい。

立命館宇治・荻野由信総監督

 (故障明けの5区)村松灯は練習ができた。(状態は)大分戻ってきており、(村松灯がメンバーに入ると)全然違う。

倉敷・新雅弘監督

 1区のエース・石原が上位でたすきを渡してくれれば。昨年のチームと比べて後半区間が弱いが、力を出し切り粘ってほしい。

世羅(男子)・大工谷秀平監督

 (昨年の2位から)選手は王座奪回を目標にやってきた。3区を終えた時点で先頭と1分20秒差以内にいれば、優勝を狙えると思う。

リアルタイムで開会式やレース展開を速報

 毎日新聞ではニュースサイト(https://mainichi.jp/miyako-oji/2019/timeline/)で22日のレース展開をタイムラインで速報する。また、レース前日の21日には、開会式の様子や選手・監督のコメントなども随時伝える。