4位入賞の女子・興譲館 想定崩れ、日本一届かず 全国高校駅伝

毎日新聞

4位でフィニッシュする興譲館の落合莉子=たけびしスタジアム京都で2019年12月22日、木葉健二撮影

 女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催、SGホールディングス特別協賛)は22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に5区間21・0975キロのコースで行われ、興譲館(岡山)は1時間8分41秒の4位だった。

 3年連続の入賞を果たした興譲館。だが、藤井監督は「目指していたのは日本一。とても悔しい」と口を真一文字に結んだ。

 当初の想定が前半で崩れた。2区のケニア人留学生・ワングイでトップに立つ計算だったが、腰を痛めて走り始めたのは1週間前。12位から10人抜きも、「練習不足で調子が上がらなかった」と2番手でたすきをつないだ。その後はじりじりと実力校に追い上げられ、4区の残り1キロ付近で5位に後退。アンカーの主将・落合が一つ順位を上げるのが精いっぱい。「来年こそは1、2年生が優勝してくれます」と落合。3度目の全国制覇を目指す戦いは続く。【村上正】