和歌山北・小倉 エースそろう1区で区間2位の快走 女子全国高校駅伝

毎日新聞

1区の快走で区間2位とチームに勢いをつけた和歌山北の小倉稜央=京都市で2019年12月22日、山崎一輝撮影

 女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催、SGホールディングス特別協賛)は22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に5区間21・0975キロのコースで行われ、和歌山北は1区で小倉稜央選手(3年)が区間2位の快走。チームも過去最高の19位に入った。

 エースがそろう「花の1区」で和歌山北のピンクのユニホームが躍動した。仙台育英や神村学園といった強豪ぞろいの集団についていった小倉は「実は少しだけ区間賞を狙っていた」。残り約800メートルでギアを上げ、一度は仙台育英の小海を引き離したが、たすきを渡す直前にかわされた。「自分にはラストスパートがないから思い切って行ったけど悔しい」というが、「チームに勢いをつけられた」と満面の笑みだ。

 1年生で1区を走り24位だったが、昨年は右足の疲労骨折で走れなかった。「迷惑をかけたから今年こそ」と1区を想定して上り坂を重点的に鍛え、苦手意識をなくした。過去33位が最高だったチームの順位も19位と大きく更新し、「みんなのために走れた」と喜んだ。【鈴木英世】