佐久長聖、7大会連続で5位以内も…ハイレベルな1区に監督は危機感 全国高校駅伝

毎日新聞

3位でフィニッシュする佐久長聖の富田陸空=たけびしスタジアム京都で2019年12月22日、木葉健二撮影

 男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催、SGホールディングス特別協賛)は22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42・195キロのコースで行われ、優勝候補の一角であった佐久長聖(長野)は3位に入り、前回大会の5位から順位を上げた。

 2年ぶりの頂点には手の届かなかった佐久長聖だが、日本選手だけで2008年にマークした自らの日本高校最高記録(2時間2分18秒)にあと10秒と迫る好タイムをマーク。高見沢監督は「上回った相手をたたえたい」とすがすがしい表情で振り返った。

 7大会連続で5位以内と地力の高さは証明した。それでも高見沢監督はハイレベルな争いとなった1区に触れ、「今と同じことをしていたらだめ。効率よく力をつけることを考えないと」と危機感も口にした。【生野貴紀】