2位倉敷、守り切れなかった3区の「貯金」 3秒差トラック勝負は成長の証し 全国高校駅伝

毎日新聞

3区で先頭に出る倉敷のキプラガット(左端)=京都市で2019年12月22日、猪飼健史撮影

 男子第70回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催、SGホールディングス特別協賛)は22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に7区間42・195キロのコースで行われ、前回大会優勝の倉敷(岡山)は2時間1分35秒で2位だった。優勝した仙台育英とトラック勝負にもつれこみ、競り負けた。

 3区でケニア人留学生、キプラガットの作った58秒の「貯金」を守れなかった。「先輩がつないでくれた1番のたすきで、本当に申し訳ない……」。2連覇を狙った倉敷で唯一2年生で出場したアンカーの長塩はフィニッシュ後、大粒の涙を流してうなだれた。

 トップと8秒差の5位でたすきを受けたキプラガットは、次元の違う走りで、あっさりと先頭へ。「走っていて楽しかった」と区間記録まで4秒差の快走を見せたが、新監督は「後半の戦力を考えれば抜かれる」と覚悟していた。6区で仙台育英・ディラングの猛追を受け、長塩にたすきが渡った時点で貯金は5秒しかなく、逃げ切れなかった。

 この5年間で優勝2回、準優勝2回、3位1回と驚異的な成績を残した。ハイレベルな留学生の存在を励みに意識を高めつつ、故障の予防に気を配って継続して練習を重ねることで力をつけた。

 今大会出場した日本選手は、中学時代に個人種目で全国大会の経験がないという「雑草軍団」(新監督)。わずか3秒差で連覇は逃したが、歴代4位の好タイムは選手の成長を物語っている。【村上正】