女子 神村学園、連覇ならず2位 男子 熊本・九州学院、堂々4位 /鹿児島

毎日新聞

4位でフィニッシュする九州学院の溝上選手

 男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)は22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)で開かれ、女子は神村学園(鹿児島)が目標の連覇はならなかったものの2位と健闘した。千原台(熊本)は18位、6年ぶり出場の小林(宮崎)は33位だった。男子は南九州代表の九州学院(熊本)が昨年と同じ堂々の4位。宮崎日大は7位で初入賞を果たした。開新(熊本)は19位、鹿児島実は43位だった。【栗栖由喜、塩月由香、林壮一郎、石井尚】

 ◆男子

宮崎日大は7位初入賞

 九州学院は1区を走った鶴川正也選手(2年)が序盤から先頭集団につけて流れに乗り、3位でたすきをつないだ。2区の山内大地選手(3年)は順位を落としたが粘り、6位で3区の入田優希選手(同)に。4区の中山凜斗選手(同)、5区の田島公太郎選手(2年)、6区の高浜大志選手(3年)がいずれも好走し浮上。アンカーの溝上稜斗選手(2年)は「楽しく走ることができた」と順位を維持しフィニッシュした。

 県大会で敗れた悔しさを糧に全国の舞台で躍動した選手たち。禿雄進(かむろゆうしん)監督は「選手たちの自信になったはず」と善戦に目を細めた。

 宮崎日大は2年連続2度目の出場ながら昨年の12位から五つ順位を上げる大健闘。7人中2人が区間賞にあと一歩の快走を見せた。

 1区の甲斐涼介選手(2年)から12位でたすきを受けた、2区の岡亮介選手(3年)が11位に浮上。3区の湯浅仁主将(同)は18位となったが、4区の佐藤航希選手(同)が「追い越すことしか考えなかった」と区間賞に1秒差の区間3位の追い上げを見せ、再度11位に。6区の城戸洸輝選手(同)が区間新の区間2位で8位に躍り出て、7区の曳田道斗選手(2年)も最後にトラックで1人抜き、7位でフィニッシュした。

 50年ぶりの大舞台に臨んだ開新は19位と奮闘した。1区の園木大斗主将(3年)が先頭集団に食らいつき14位と流れを作った。その後、順位を下げたものの20位前後をキープ。6区の持田竜汰選手(同)が「ここで踏ん張らなければ」と順位を22位から一つ上げ、アンカーの麓逸希選手(同)も区間7位の力走をみせた。

 鹿児島実は1区は「レベルの違いを感じた」という徳丸寛太選手(2年)が33位だったが、3区の神薗竜馬主将(3年)が区間20位のタイムで8人抜きをして一矢報いた。神薗主将は「悔しい思いをした1、2年生は来年、上位入賞を目指して頑張ってほしい」と話した。

 ◆女子

千原台は18位と健闘

2位でフィニッシュする神村学園の中須主将

 神村学園は1区の木之下沙椰選手(2年)が「ライバルの仙台育英と10秒差以内でつなぐ」と気合を込めてスタートした。「中盤ぐらいできつくなった」と後半の仙台育英のペースアップに付いていけず14位。だが、2区のバイレ・シンシア選手(2年)が驚異的な追い上げでトップに躍り出た。

 3区で再び2位となり、4区の鳥居華選手(2年)が区間賞と2秒差の区間2位の走りを見せたが先頭の仙台育英と5秒差で最終5区へ。中須瑠菜主将(2年)が懸命に追ったが、及ばなかった。中須主将は「来年は絶対に優勝してこの悔しさを晴らしたい」と涙ながらに語った。

 千原台は1時間10分台のチームベスト記録で昨年より15順位を上げた。1区の栗原泉選手(3年)は16位で、続く選手も粘りをみせた。4区の山下彩菜選手(1年)が区間13位の快走でつなぎ、アンカーの藤原花音選手(3年)も順位を維持しフィニッシュ。藤村光紀主将(3年)は「力を出し切った。来年はさらに上位を目指してほしい」と後輩に託した。

 6年ぶりの都大路となった小林には多くの卒業生が応援に駆けつけ、沿道からも拍手が送られた。1区の原田紗希選手(1年)が2キロ過ぎ地点まで第1集団に残り、25位で2区の末山優珠選手(2年)にたすきを渡した。3区の大坪沙代選手(2年)も力走したが28位に後退。4区の福川侑花選手(3年)は「3年間のすべてを出し切った」と26位にまで追い上げ意地をみせた。


順位と記録

 <男子>

(4)九州学院(熊本)  2時間2分39秒

(7)宮崎日大(宮崎)  2時間2分56秒

(19)開新  (熊本)  2時間4分43秒

(43)鹿児島実(鹿児島) 2時間8分13秒

 <女子>

(2)神村学園(鹿児島) 1時間 7分19秒

(18)千原台 (熊本)  1時間10分49秒

(33)小林  (宮崎)  1時間12分47秒