連載

疑問氷解

読者から寄せられた身の回りの素朴な疑問、もやもやしていることについて、記者が取材しお答えします。これであなたもすっきり!?

連載一覧

疑問氷解

ペンギンが飛べないのは?

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

つばさかたちおおきさがちがうから

Q どうしてペンギンはとりなのにべないのですか?(三重県鈴鹿市みえけんすずかししょう3・T・Sさん)

 A ペンギンはみずなかをスイスイとおよぐので、さかな仲間なかまだとおもひともいるかもしれませんがとり仲間なかまです。鳥類ちょうるいペンギンもくぞくしています。

 ペンギンがべない理由りゆうはいくつかあります。ひとつは、からだたいしてつばさちいさいからです。そらとりは、かびがるちからすためにおおきなつばさがあります。ペンギンのつばさは、みずなか抵抗ていこうをうけにくくするためちいさいです。

 もうひとつは、つばさそらぶためのかたちをしていないからです。ペンギンのつばさは1まいいたのようなかたちをしていて、フリッパーとばれます。関東かんとう最多さいたとなるマゼランペンギン48飼育しいくしている「すみだ水族館すいぞくかん」(東京都とうきょうと墨田区すみだく)の飼育しいくスタッフ、芦刈治将あしかりはるまささんは「はばたくというより、みずをかくうごきをします」とはなします。

 ほねもちがいます。そらとりほねは、からだかるくするためになか空洞くうどうになっています。ペンギンのほねは、水圧すいあつえられるように密度みつどたかおもくなっています。

 どうしてペンギンはそらよりもみずなか活動かつどうすることをえらんだのでしょうか。大昔おおむかしうみにもぐったり、そらんだりしてエサをとっていたとおもわれます。みずなかほうがエサが豊富ほうふで、天敵てんてきすくないため、いつしかおよぎやすいつばさになったとわれています。

 「ペンギンのほねにはそらんでいた名残なごりがあります」と芦刈あしかりさんははなします。むねなかに、はばたくために発達はったつした筋肉きんにくささえる竜骨突起りゅうこつとっきがあります。おしりには、なが尾羽おばねがついていた名残なごりとされる尾端骨びたんこつがあります。

 ペンギンはとりおな祖先そせんからかれて進化しんかし、白亜紀はくあきやくおく4500万年前まんねんまえ〜6600万年前まんねんまえ)ごろには、いまのペンギンのようなかたちになっていたとかんがえられています。べなくなったのではなく、ばないことをえらんだといえます。【篠口純子しのぐちじゅんこ

あわせて読みたい