連載

おもしろインタビュー

毎日新聞デジタルの「おもしろインタビュー」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

おもしろインタビュー

珠城りょうさん 男らしさを追求したい

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 はなやかな宝塚歌劇たからづかかげき舞台ぶたい人気にんきあつめるのが、女性じょせいでありながらりりしい雰囲気ふんいき男性だんせいえんじる「男役おとこやく」です。なかでも月組つきぐみ珠城たまきりょうさんは、入団にゅうだん年目ねんめわかさで次々つぎつぎ大役たいやくまかされ、将来しょうらい期待きたいされる男役おとこやくスターの一人ひとりです。はる全国ぜんこくツアー公演こうえん主役しゅやくつとめる珠城たまきさんに、舞台ぶたいにかけるおもいをきました。【田中博子たなかひろこ

 ☆全国ぜんこくツアーのミュージカル「激情げきじょう−ホセとカルメン」はどんなはなしですか。

 ★わたしえんじるホセはまじめな青年せいねんだったのに、カルメンという女性じょせいこいをしてまわされ、みちはずれてしまう。情熱じょうねつのままにきるおとこです。ずっとやりたいとおもっていたおとこらしいやくができるので、体当たいあたりで挑戦ちょうせんしようとおもいます。

 ☆どんな男役おとこやく目指めざしていますか。

 ★ひとこころうごかすのは、やはりひとこころです。芝居しばいうたおどりもかたちだけにこだわるのではなく、こころ大切たいせつにしたい。体中からだじゅうからわきるものを表現ひょうげんできるようになりたいです。今後こんごはさらにおとこらしさを追求ついきゅうしていきたいとおもっています。

 ☆最近さいきん大役たいやくまかされる機会きかいえましたね。

 ★「結果けっかさなくては」とか「期待きたいこたえなくては」と自分じぶん自分じぶんにプレッシャーをかけてしまい、えんじることをたのしめない時期じきながくありました。でも昨年末さくねんまつほかくみのスターさんたちと共演きょうえんしたとき刺激しげきけて、れることができました。うしろをかえ余裕よゆうはない、覚悟かくごめてあゆんでいかなければいけないとおもいました。

 ☆宝塚歌劇団たからづかかげきだん上下関係じょうげかんけいきびしいときます。

 ★宝塚たからづか品格ひんかくは、きびしい上下関係じょうげかんけいによる規律きりつただしさでまもられています。わたしこころがけているのは、すべての上級生じょうきゅうせい尊敬そんけいするということ。「舞台ぶたいうえ謙虚けんきょである必要ひつようはない」とわれますが、舞台ぶたいりれば謙虚けんきょであるべきだとおもいます。

 ☆毎小読者まいしょうどくしゃにメッセージをおねがいします。

 ★ゆめがあるなら、あきらめずに挑戦ちょうせんしてほしいです。わたし宝塚音楽学校たからづかおんがくがっこう宝塚歌劇団たからづかかげきだん入団にゅうだんするための学校がっこう)に3回目かいめ受験じゅけん合格ごうかくしました。けっしてスムーズにたわけではありません。おもどおりにいかないこともありますが、努力どりょくをしていれば絶対ぜったいてくれているひとがいます。マイナスの気持きもちでスタートしてもうまくいきません。希望きぼうって、何事なにごとにもおそれずにチャレンジしてください。


公演情報こうえんじょうほう

 月組公演つきぐみこうえん激情げきじょう−ホセとカルメン」(柴田侑宏脚本しばたゆきひろきゃくほん謝珠栄演出しゃたまええんしゅつ振付ふりつけ)「アパショナード!!3」(藤井大介作ふじいだいすけさく演出えんしゅつ

 <上演日程じょうえんにってい>3がつ19〜21日大阪にちおおさか、24日岩手かいわて盛岡もりおか、26、27日愛知にちあいち名古屋なごや、28日岐阜にちぎふ羽島はしま、30日愛知にちあいち幸田こうた、31日三重にちみえ、4がつ日富山ふつかとやま、3日石川みっかいしかわ金沢かなざわ、5日茨城いつかいばらき・ひたちなか、6日福島むいかふくしま・いわき、8日神奈川ようかかながわ横須賀よこすか、9、10日千葉とおかちば市川いちかわ、12日新潟にちにいがた、13日新潟にちにいがた上越じょうえつ、14日長野かながの、16、17日福岡にちふくおかわせは宝塚歌劇たからづかかげきインフォメーションセンター(電話0570・00・5100)。


プロフィル◇

 愛知県蒲郡市出身あいちけんがまごおりししゅっしん愛知あいち・私立光ケ丘女子高校出身しりつひかりがおかじょしこうこうしゅっしん。2008ねん宝塚歌劇団たからづかかげきだん入団にゅうだんした、月組つきぐみ男役人気おとこやくにんきスター。身長しんちょうは172センチメートル。趣味しゅみ映画えいが舞台鑑賞ぶたいかんしょう、ドライブ。きないろあおしろくろ、シャンパンゴールド。愛称あいしょうは「りょう」「たまき」。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る