連載

疑問氷解

読者から寄せられた身の回りの素朴な疑問、もやもやしていることについて、記者が取材しお答えします。これであなたもすっきり!?

連載一覧

疑問氷解

ピアノはなぜ右が高音?

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

むかしのオルガンのなごり?

 Q ピアノや木琴もっきんは、みぎくほどおとたかくなるのはなぜ?(奈良県香芝市ならけんかしばししょう6・石田雪乃いしだゆきのさん)

 A 西洋音楽史せいようおんがくしなどにくわしい、玉川大学芸術学部芸術教育学科教授たまがわだいがくげいじゅつがくぶげいじゅつきょういくがっかきょうじゅ野本由紀夫のもとゆきおさんによると、あまりにもむかしからそうなので、はっきり理由りゆうがわかっていないそうです。「みぎみみほうが、高音こうおんるのが得意とくいにできているから」というせつもありますが、野本のもとさんは、「ピアノなどはみぎ高音こうおんなので、ひとみみほうがそれになれただけかもしれません」とはなします。

 リコーダーなどの管楽器かんがっきでは、自分じぶんちかほうたかおとです。みぎたかいのは、ピアノや木琴もっきんなどの鍵盤楽器けんばんがっきだけ。木琴もっきんはピアノよりあたらしい楽器がっきなので、ピアノにならってみぎたかいとかんがえられます。

 ピアノは18世紀せいきごろにできた、比較的新ひかくてきあたらしい楽器がっきです。もっとふるくまでさかのぼれるのはオルガンです。パイプオルガンをおもかべるとわかりやすいですが、ながさがちがうパイプ(ふえ)に空気くうきおくむことで、たかさのちがおとします。おとしたいパイプにつながるボタン(鍵盤けんばん)をすと、そこに空気くうきながれておとるのです。

 野本のもとさんは、むかしのオルガンはいまかたちちがうことに着目ちゃくもくしました。写真しゃしんは14世紀せいきごろのオルガン。ひざにせてかなでます。「ひくおとすパイプは、ながくておもいので、からだちかほういたほう安定あんていがいい。そして、右手みぎて音階おんかいのボタンを操作そうさするようにできています」。音階おんかいえて、ひざにらなくなり、そのまま横向よこむきにすると、ひだりひくおとみぎたかおとになります。こうして方向ほうこうまったのではないかと野本のもとさんはています。一般的いっぱんてき右利みぎききのひとほうおおいので、みぎ高音こうおん複雑ふくざつうごきのメロディーをかなで、ひだり低音ていおん伴奏ばんそうができるのも、都合つごうがよかったのかもしれません。「こんな単純たんじゅん理由りゆうだったので、わすれられてしまったのでは」と野本のもとさんははなしています。【大井明子おおいあきこ

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る