メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アニマル・ワールド

マレーグマ

[PR]

 東南とうなんアジアにすんでいます。おおきくても体長たいちょうは1.5メートルほどで、世界せかいのクマのなかで、もっともちいさいクマです。胸元むなもとしろ模様もようがついています。つめがするどく、木登きのぼりが得意とくいです。シロアリなどの昆虫こんちゅう、ハチミツ、果実かじつなどが好物こうぶつです。【WWFジャパン・大倉寿之おおくらひさし

どのくらいいるの

 正確せいかく頭数とうすうはわかっていませんが、過去かこ30ねんで30%以上減いじょうへったと専門家せんもんかはみています。生息地せいそくちもりうしなわれたことで、おおきくかずらしたとかんがえられています。東南とうなんアジアでは、森林しんりん大規模だいきぼひらかれて、農園のうえんにかわっています。違法伐採いほうばっさいすくなくありません。また、ひどい密猟みつりょうかずらすおおきな原因げんいんになっています。クマのからだ一部いちぶ原料げんりょうとするくすりつくるためや、のひらを料理りょうりすためにころされてしまうのです。

なにべているの

 雑食性ざつしょくせいで、シロアリやハチなどの昆虫こんちゅうやその幼虫ようちゅう、あるいはミミズなどをべ、ハチミツをなめます。イチジクなどの果実かじつべます。マレーグマはながしたちますが、これは、なか昆虫こんちゅうなかのシロアリをつかまえるのに役立やくだちます。また、ハチのからハチミツをなめとるのにも好都合こうつごうです。

人間にんげんとのかかわりは

 アブラヤシやコーヒーなどの農園のうえんつくるために、まえ森林しんりんこそぎられてしまうことがあります。森林破壊しんりんはかい東南とうなんアジアなどで、いまつづいています。おおくのきもののくらす貴重きちょうもりまもらなくてはいけません。そして、るなど、もり利用りようする場合ばあいには、法律ほうりつまもり、環境かんきょう配慮はいりょしながら利用りようすることが大切たいせつです。現在げんざい、マレーグマをりの対象たいしょうにすることはゆるされていません。しかし、密猟みつりょうをなくすのは容易よういではありません。伝統薬でんとうやく原料げんりょうとなるクマのたんのうが取引とりひきされるのです。そして、かわいいという理由りゆうで、どものクマをペットにするれいもあります。

どこにすんでいるの

 東南とうなんアジアにいます。西にしはバングラデシュあたりにも生息せいそくしていますが、むかしよりも生息せいそくする範囲はんいはせまくなっています。うみえて、スマトラとう(インドネシア)やボルネオとう(インドネシア、マレーシア)にもいますが、やはり生息地せいそくちはせばまってしまっています。低地ていち熱帯林ねったいりんでよくられます。通常つうじょうは、地面じめんうえほらなどでます。ただし、人間活動にんげんかつどうさかんなところでは、うえ寝床ねどこつくってごす姿すがたかけるとわれます。


種名しゅめい:マレーグマ

学名がくめい:Helarctos malayanus

分類ぶんるい食肉目しょくにくもくクマ

頭胴長とうどうちょう:120〜150センチメートル

肩高けんこう:70センチメートル

体重たいじゅう:27〜65キログラム


 WWF(世界自然保護基金せかいしぜんほごききん)はひと自然しぜん調和ちょうわしてきる未来みらい目指めざして、100か国以上こくいじょう活動かつどうしている環境保全団体かんきょうほぜんだんたいです。その活動かつどうは、世界中せかいじゅう会員かいいんによってささえられています。あなたもWWFの会員かいいんになって、世界せかい自然しぜんまもくわわってみませんか?

 ●わせ:WWFジャパン

 電話でんわ 03・3769・1241

 メール hello@wwf.or.jp

 ホームページ http://www.wwf.or.jp/

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです