メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンで暮らす難民

番外編 一人一人の物語想像して 日本で暮らす難民たちの写真展開催

[PR]

 日本国内にほんこくないには、迫害はくがいけてさまざまなくにからのがれてきた難民なんみんが1万人以上生活まんにんいじょうせいかつしています。日本にっぽんのがれてきた難民なんみん支援しえんしているNPO法人ほうじん難民支援協会なんみんしえんきょうかい」と、写真家しゃしんか宮本直孝みやもとなおたかさんが共同きょうどうで、日本にっぽんらす難民なんみん28にん写真展しゃしんてんを「世界難民せかいなんみん」の6がつ20はつかから、東京とうきょうメトロ表参道駅おもてさんどうえきひらきます。【大井明子おおいあきこ

 写真展しゃしんてんでは、アフガニスタンやイランなどからの難民なんみん写真しゃしんと、それぞれのプロフィルが紹介しょうかいされます。5がつふつか一部地域いちぶちいきでは3みっか)から毎小まいしょう連載れんさいした「ニッポンでらす難民なんみん」に登場とうじょうした、ミャンマー難民なんみんのタンスィウさんや、エチオピア難民なんみんのゲビレ・ブルクタウィットさん、シリア難民なんみんのジュディさんたちも登場とうじょうします。

 写真しゃしん撮影さつえいした宮本みやもとさんは「想像そうぞうしてください。自分じぶんまれそだったくににいられなくなることを。言葉ことばなにも、みぎひだりもわからないくにひとりぼっちでいることを。ったこともたこともない難民なんみんも、一人一人顔ひとりひとりかお名前なまえちがっていて、せいいっぱいきていて、みんな自分じぶんだけの物語ものがたりっているんです」というメッセージをせています。

 会場かいじょうくことができないひとも、ホームページで、難民なんみんたちの写真しゃしんやストーリーにれることができます。


 ◆日本にっぽんらす難民なんみん28にんのポートレート写真展しゃしんてん

Portraits of Refugees in Japan −難民なんみんはここにいます。

 世界難民せかいなんみんの6がつ20はつかげつ)〜26にちにち)、東京とうきょうメトロ表参道駅おもてさんどうえき(B1出口付近でぐちふきん)で開催かいさいします。

 ホームページ(http://www.refugees-in-japan.com/)で事前情報公開中じぜんじょうほうこうかいちゅう。6がつ20はつかからは、28にんすべての写真しゃしんとストーリーをることができます。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. インドネシア・スラウェシ島の地震 死者42人、負傷者600人以上に

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです