天皇陛下

「お気持ち」発表 生前退位の意向にじむ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 天皇陛下てんのうへいかは8ようか、「わたくし個人こじんとして、これまでにかんがえてきたこと」をビデオメッセージのかたち発表はっぴょうしました=写真しゃしん宮内庁提供くないちょうていきょう天皇てんのうくらい生前せいぜん皇太子こうたいしさまにゆずる「生前退位せいぜんたいい」の意向いこうつよくにじませています。政府せいふは、国民こくみん意見いけんきながら、なにができるかをかんがえていきます。

 天皇陛下てんのうへいかは82さい。2にわたる大手術だいしゅじゅつもしました。「全身全霊ぜんしんぜんれいをもって象徴しょうちょうつとめをたしていくことが、むずかしくなるのではないか」という不安ふあんはなしています。

 天皇てんのうには憲法けんぽう尊重そんちょうまも義務ぎむがあります(日本国憲法にほんこくけんぽう99じょう)。そして、天皇てんのう政治せいじかかわることはできません(どうじょう)。生前退位せいぜんたいい実現じつげんには、法律ほうりつ改正かいせいという政治行為せいじこうい必要ひつようとなります。ですから、政治せいじとの距離きょりをきちんとるために、陛下へいかのメッセージは「公務こうむについてのお言葉ことば」や「お気持きもち」とばれています。

あわせて読みたい