ニュース交差点

原発 ダム底に高濃度放射性セシウム 福島第1原発周辺の10か所

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第とうきょうでんりょくふくしまだい原発周辺げんぱつしゅうへん飲料用いんりょうよう農業用のうぎょうようのダムのそこに、たか濃度のうど放射性ほうしゃせいセシウムがたまりつづけていることが環境省かんきょうしょう調査ちょうさかりました。原発事故げんぱつじこ直後ちょくご森林しんりん大量たいりょうそそいだセシウムが、時間じかんをかけてかわながしたとみられます。

 福島第ふくしまだい原発げんぱつから50キロメートル以内いないの10かしょのダムのそこでは、くに基準きじゅんえるセシウム濃度のうどつちがたまっており、専門家せんもんかは「対策たいさく検討けんとうすべきだ」と指摘してきしています。一方いっぽう環境省かんきょうしょうは、ダムの水面近すいめんちかくのみずふくまれるセシウムは検出下限値未満けんしゅつかげんちみまん飲料水いんりょうすい基準きじゅんどう10ベクレル)をおおきく下回したまわっており、ひと健康けんこう影響えいきょうあたえるレベルではないとして、監視かんしのみをつづける方針ほうしんです。

記事を訂正しました

あわせて読みたい