連載

疑問氷解

読者から寄せられた身の回りの素朴な疑問、もやもやしていることについて、記者が取材しお答えします。これであなたもすっきり!?

連載一覧

疑問氷解

初夢の一富士二鷹三茄子はいつから?

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

ひろまったのは江戸時代中期えどじだいちゅうき

Q 初夢はつゆめるとい「一富士二鷹三茄子いちふじにたかさんなすび」がわれたのはいつから?(東京都町田市とうきょうとまちだし堤竹智咲つつみたけちささん、しょう4)

A 元日がんじつから2ふつかにかけてゆめ初夢はつゆめい、ると縁起えんぎいとされているものを順番じゅんばんあらわしたのが「一富士二鷹三茄子いちふじにたかさんなすび」です。「日本大百科全書にほんだいひゃっかぜんしょ」(小学館しょうがくかん)によると、江戸時代中期えどじだいちゅうきひろまったそうです。

 どうしてこのみっつなのかは、いろいろなせつがあります。有力ゆうりょくなのは、現在げんざい静岡県しずおかけんにあたる、駿河するが名物めいぶつあらわしたことわざです。一番いちばんわずとれた富士山ふじさんはこの地域ちいき品種ひんしゅたか茄子なすびほか地域ちいきよりはやくとれたナスをさしています。ちなみに、このあと「四扇五煙草六座頭しおうぎごたばころくざとう」とつづきます。

 むかしからゆめてくるものでうらなう「夢占ゆめうらない」など、人々ひとびとゆめ特別とくべつなものとかんがえていました。とくとしはじめにゆめ重要じゅうようで、ゆめるために、宝物たからもの七福神しちふくじんせた「宝船たからぶね」をいたかみまくらしたいてるという風習ふうしゅうが、室町時代むろまちじだいからあったそうです。

 どうにかして「一富士二鷹三茄子いちふじにたかさんなすび」を方法ほうほうはないのでしょうか?

 睡眠すいみん研究けんきゅうする国際統合睡眠医科学研究機構こくさいとうごうすいみんいかがくけんきゅうきこう茨城県いばらきけんつくば)の柳沢正史教授やなぎさわまさしきょうじゅきました。「ゆめには現実げんじつ体験たいけんしたものがあらわれます。奇想天外きそうてんがいなものでも、体験たいけんしたことやものわせ。直前ちょくぜん体験たいけんしたものが素材そざいになるとはかぎらないため、ねむまえたいものをねんじて、ゆめをコントロールすることはむずかしい」そうです。

 とはいえ、できればたのしいゆめたいもの。そこで、井上涼いのうえりょうさんに、「宝船たからぶね」のイラストをいてもらいました。これをまくらしたいてれば、きっと初夢はつゆめられるはず。


井上涼いのうえりょうさん

 編集部へんしゅうぶとどいたはがきのなかから、わたしがになる疑問ぎもんえらびました

あわせて読みたい