連載

毎小ニュース

最新ニュースや世界の出来事を、分かりやすく、的確にお伝えします。スクラップのための素材として最適です。

連載一覧

毎小ニュース

文化 藤井四段が11連勝 デビューから、新記録達成

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
プロデビューから11連勝を達成した藤井聡太四段 拡大
プロデビューから11連勝を達成した藤井聡太四段

 将棋しょうぎ史上最年少棋士しじょうさいねんしょうきし藤井聡太ふじいそうた四段よだん(14)が4よっか昨年さくねん12がつのデビュー戦以来せんいらい新記録しんきろくとなる11連勝れんしょう達成たっせいしました。11勝目しょうめ大阪市おおさかしであっただい67期王将戦きおうしょうせん次予選じよせんで、小林裕士七段こばやしひろししちだん(40)に104ちました。これまでの記録きろく松本佳介六段まつもとよしゆきろくだん(45)と近藤正和六段こんどうまさかずろくだん(45)のデビュー10連勝れんしょうでした。

 藤井四段ふじいよだんは「望外ぼうがい結果けっかだが素直すなおにうれしい。きょうの対局たいきょくみがあまく、内容ないようはよくなかった。連勝れんしょうばせるよう頑張がんばってしたいが、まだ実力じつりょくりず、全体的ぜんたいてき実力じつりょくげたい」とはなしました。

 藤井四段ふじいよだん愛知県瀬戸市あいちけんせとし中学生ちゅうがくせいです。5さい将棋しょうぎおぼえました。昨年さくねん10がつ加藤一二三九段かとうひふみくだん(77)の14さい7かげつく14さい2かげつで、プロ棋士きしになりました。学校がっこう得意科目とくいかもく数学すうがくで、鉄道てつどうファン。もの麺類めんるい好物こうぶつだそうです。

中学生棋士ちゅうがくせいきし、なぜすごい?

 プロ棋士きしとは、名人戦めいじんせん竜王戦りゅうおうせんといったタイトルせんなどで、将棋しょうぎひとです。

 プロ棋士きしになるには、「新進棋士奨励しんしんきししょうれいかい」という日本将棋連盟にほんしょうぎれんめい養成機関ようせいきかんはいるのが一般的いっぱんてきです。会員同士かいいんどうし対局たいきょくし、まった成績せいせきげることで昇級昇段しょうきゅうしょうだんしていき、四段よだんになればプロ棋士きしです。全国ぜんこくからえりすぐりの才能さいのうあつまるため、奨励会しょうれいかいはいるのも大変たいへんで、はいっても棋士きしになれるのは2割程度わりていど原則げんそく26さいまでにプロりできなかったら、退会たいかいしなければなりません。

 将棋しょうぎでは、わかくして才能さいのう開花かいかさせるひとほうが、つよ傾向けいこうがあるとされています。戦後棋士せんごきしになった歴代名人れきだいめいじんにんのプロりは平均へいきん16・7さい藤井四段以前ふじいよだんいぜん中学生ちゅうがくせいでプロりをめたのは、加藤九段かとうくだんのほか谷川浩司九段たにがわこうじくだん(54)、羽生善治王位はぶよしはるおうい(46)、渡辺明竜王わたなべあきらりゅうおう(32)の4にんだけです。

あわせて読みたい