おすすめ!!2017・ニュースな自由研究

特別授業 遺伝子 生物の設計図 DNAを取り出してみよう!

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 わたしたち人間にんげんだけでなく、動物どうぶつ植物しょくぶつ細菌さいきんなどすべての生物せいぶつ形作かたちづくっている細胞さいぼうふくまれていて、からだ設計図せっけいず役割やくわりたしているのがDNAです。いえにあるものを使つかって、簡単かんたん方法ほうほうでDNAをすことができます。実際じっさい観察かんさつしてみましょう。【田嶋夏希たじまなつき

おしえてくれたひと

 日本科学未来館にっぽんかがくみらいかん 科学かがくコミュニケーター 毛利亮子もうりあきこさん

用意よういするもの

 DNAをしたいもの(バナナ、レバー、ブロッコリーなどがおすすめ)、しお食器洗しょっきあらよう洗剤せんざい消毒用しょうどくようエタノール、すりばち排水溝用はいすいこうようのネット

できるだけこまかく、つぶしましょう

 <1>みず100ミリリットルに台所用洗剤大だいどころようせんざいおおさじ1をくわえた「細胞溶さいぼうとかしえき」と、みず100ミリリットルに塩大しおおおさじ2をかした食塩水しょくえんすい別々べつべつつくっておきます。材料ざいりょうをすりばちでつぶし、細胞さいぼうをばらばらにします。ブロッコリーなどかたいものは、こまかくきざみ、みずくわえて念入ねんいりにつぶします。

まくあぶら成分せいぶんでできていて洗剤せんざいくわえるとこわれます

 <2>すりばちに(1)の「細胞溶さいぼうとかしえきおおさじ2をれてやさしくぜます。DNAをかこんでいる細胞さいぼうかくまくこわすためです。

しおくわえるとたんぱくしつきついているDNAがはなれます

 <3>すりばち食塩水しょくえんすいおおさじ1くわえて、やさしくぜます。

 <4>排水溝用はいすいこうようのネットを使つかって、(5)をこします。無理むりやりしぼらず、自然しぜんれてきたものを使つかいましょう。

DNAはエタノールにけないのでしろいもやもやのかたまりになります

 <5>(4)でこしとったえきに、エタノールをしずかにそそぎます。しろいもやもやがDNAです。はしなどでしずかにすくいとり、エタノールのなか保存ほぞんしましょう。みずなかだとしてしまいます。

 ◆DNAってなに

 生物せいぶつからだは、細胞さいぼうというちいさな粒々つぶつぶがたくさんあつまってできています。細胞さいぼうなかには「かく」とばれる部分ぶぶんがあって、そのなかにDNAがりたたまれてはいっています。とてもほそくてながい「ひも」2ほんがペアになって、はしごがねじれたような二重にじゅうらせん構造こうぞうつくっています。

DNAのはしごのだん部分ぶぶんを「塩基えんき」といい、4種類しゅるい(T=チミン、A=アデニン、G=グアニン、C=シトシン)あります。この4種類しゅるいならかたで、たとえばまぶたが一重ひとえ二重ふたえか、かみいろさけつよいかよわいかなど、からだ特徴とくちょうまります。人間にんげん設計図せっけいずやく32おく塩基えんきでできていて、塩基えんき文字もじにたとえると、新聞しんぶんやく20まんページ、やく50年分ねんぶん相当そうとうします。人間同士にんげんどうしでのえんならかたちがいはやく0.1%で、このわずかなちがいからひとりひとりの個性こせいまれているのです。

 ◆さらにきわめてみよう

 DNAは細胞さいぼうさかんにえている場所ばしょほうおおふくまれます。ブロッコリーのくき花芽はなめのちはなになる部分ぶぶん)、とりのレバーと鶏肉とりにく、タマネギの中心ちゅうしん外側そとがわなどをそれぞれおなおも用意よういして、すりつぶしてDNAをしてみましょう。どっちのほうがDNAがおおいかな?

 自分じぶんのDNAをりたい場合ばあいは、ほおの内側うちがわしたでこすりながらあつめた唾液だえき(つば)からすことができます。

あわせて読みたい