すっごい小学生

/1 史上最年少の気象予報士(その2止)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <1めんからつづく>

あつめたもの個展こてん講演こうえん

 大人おとなかおけの活動かつどうをしている小学生しょうがくせい各地かくちにいます。自然科学しぜんかがくたいする興味きょうみが「すっごい」のは、東京都品川区とうきょうとしながわく小学しょうがくねん吉田航輝よしだこうきさん。自分じぶん関心かんしんごとをひろげるうちにあつめたコレクションがえ、個展こてんやトークショーをひらいています。

幅広はばひろいトークの話題わだい

 吉田よしださんは8月下旬がつげじゅんの5日間いつかかん東京都品川区とうきょうとしながわくのギャラリーで、自然科学しぜんかがく収集物しゅうしゅうぶつ紹介しょうかいする個展こてん航輝こうき博物個展はくぶつこてん2」をひらきました。会場かいじょうには、鉱物こうぶつやはくせい化石かせき昆虫標本こんちゅうひょうほん望遠鏡ぼうえんきょうなどが所狭ところせましとかれます。あつめたものは「化石かせき発掘はっくつされる場所ばしょってひろったり、博物館はくぶつかんったり、自然科学しぜんかがく研究者けんきゅうしゃからもらったりした」と吉田よしださんははなします。

 会場かいじょうでは、不定期ふていきに10~15ふんのトークショーも披露ひろうしました。話題わだいは、宇宙うちゅう化学かがく昆虫こんちゅうなどにまでひろがります。ノーベルしょう受賞じゅしょう話題わだいになったスーパーカミオカンデをテーマにしたときは、「まわりの坑道こうどうさむかったのに、はいった瞬間暖しゅんかんあたたかくて、感動かんどうしてなみだた」などと、実際じっさいおとずれた感想かんそうとともにはなしました。会場かいじょうおとずれていた絵本作家えほんさっかのかわさきしゅんいちさんは「航輝君こうきくん知的好奇心ちてきこうきしん人一倍ひといちばいあって、はなすときにも自信じしんがある。小学生しょうがくせいとはおもえない姿すがた刺激しげきになります」とはなしていました。

自然体験しぜんたいけん現場げんば

 吉田よしださんが自然科学しぜんかがく興味きょうみったのは、幼稚園時代ようちえんじだいにさかのぼります。当時とうじ東京都千代田区とうきょうとちよだくにあった「自然環境情報しぜんかんきょうじょうほうひろばまるうちさえずりかん」をおとずれたことをきっかけに、自然しぜんたのしさをおぼえました。それ以来いらい昆虫こんちゅう海洋動物かいようどうぶつ化石かせきほね植物しょくぶつ元素げんそ素粒子そりゅうしなどの関心かんしんたかめ、博物館はくぶつかん野外施設やがいしせつなど、実物じつぶつれられる場所ばしょかけてきました。

 吉田よしださんのおかあさんは「さえずりかんのスタッフの方々かたがたから『好奇心旺盛こうきしんおうせい個性こせいをつぶさないように』とわれてきました。一緒いっしょひろったり、むしをとったり、テレビの宇宙うちゅう動物どうぶつ専門せんもんチャンネルを一緒いっしょたりしてきた」とはなします。小学しょうがくねんはじめてトークショーを披露ひろうしたときは、練習れんしゅうをしないですらすらと言葉ことばてきたそうです。「すこわらえる要素ようそれたり、ひとつのテーマで15ふんぐらいのながさにして、みんながきないようなはなかたにしています」と吉田よしださん。吉田よしださんのおとうさんは「ちいさいころから博物館はくぶつかんなどでトークショーをてきたから、自然しぜんはなすペースをおぼえたのかもしれない」と分析ぶんせきします。

ひととのつながりを大事だいじ

 吉田よしださんは小学しょうがく年生ねんせいのときから毎年夏休まいとしなつやすみ、おおきなスケッチブックに自由研究じゆうけんきゅうをまとめています。きっかけは、「さえずりかん」の所蔵物しょぞうぶつだった希少きしょうなセミクジラのひげをゆずってもらったことです。図鑑ずかんなどで調しらべたことや研究施設けんきゅうしせついたはなしくわえ、まとめました。それ以来いらい毎年まいとしミツバチ、DNAなどをテーマに研究けんきゅうし、そのたびに専門家せんもんか方々かたがたからはなし機会きかいました。自宅じたくには、マンボウ研究家けんきゅうか澤井悦郎さわいえつろうさんからゆずってもらったマンボウのかわ数々かずかず化石かせきなども展示てんじされています。研究現場けんきゅうげんばはたらひとたちと身近みぢかせっするなかで、将来描しょうらいえがゆめ明確めいかくになってきました。吉田よしださんは「専門せんもんひとつにはしぼれないけど、将来しょうらい研究者けんきゅうしゃになりたい。イグノーベルしょうならねらえるかな」とはなしていました。【浅川淑子あさかわよしこ】=つづく

あわせて読みたい