本のページ

今週は…作家に聞く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

がらあらわねこ性格せいかく 吉田愛よしだあいさん

 歌舞伎かぶきえんじる役者やくしゃがすべてねこというユニークな「かぶきがわかるねこづくし絵本えほん」。シリーズだいだん義経千本桜よしつねせんぼんざくら」が出版しゅっぱんされました。猫好ねこずきはもちろん、歌舞伎かぶき入門書にゅうもんしょとしてもおすすめです。作者さくしゃは、歌舞伎座かぶきざでもられている「かぶきねこづくし」のポストカードをがける吉田愛よしだあいさんです。【篠口純子しのぐちじゅんこ

 --なぜ、ねこ歌舞伎かぶきこうとおもったのですか。

 吉田よしださん 人間にんげんだとだれかにている、てないと、ついくらべてしまいがちですが、ねこだとユーモアがまれます。かみしもをて、足袋たびいたねこて、「このねこなにをしているんだろう」と物語ものがたり興味きょうみってほしいです。

 --歌舞伎かぶききですか。

 吉田よしださん むずかしいとおもっていましたが、友人ゆうじんさそわれてったらおもしろかった。舞台ぶたい衣装いしょう派手はで。ふしぎとセリフの意味いみかり、たのしめました。先入観せんにゅうかんつよかったぶん、ればるほど大好だいすきになりました。

 --たくさんねこてきますが、どのようにけていますか。

 吉田よしださん がらねこ性格せいかく区別くべつしています。高貴こうき美男子びなんし色男いろおとこしろ気性きしょうはげしいのはトラ、かわいいおんな三毛みけ、おっとりしているのはハチれというかんじです。「義経千本桜よしつねせんぼんざくら」では義経よしつねしろ義経よしつねおくさんもしろ静御前しずかごぜんしろにしようとおもったのですが、いていくうちにはげしい気性きしょう気付きづき、ブチをれました。

 --衣装いしょう背景はいけいもすべて手描てがきだそうですね。

 吉田よしださん 歌舞伎かぶききも舞台ぶたいねこでちゃかしたくはありません。衣装いしょう役者やくしゃのほくろなど、歌舞伎かぶきこまかいところにも意味いみがあります。できるかぎ正確せいかくきたい。こまかければこまかいほど「なんでもこい」とがります。わるのがちかづくとさびしくなってきます。

 --たのしみながら歌舞伎かぶきについてることができます。

 吉田よしださん 解説書かいせつしょではなく物語ものがたりたのしめる絵本えほんにしようとおもいました。歌舞伎かぶきどころでえをします。重要じゅうようなシーンをれながら、物語ものがたりとしてめりはりやリズムをつけるなどの工夫くふうをしました。ぜひたのしんでんでください。


 ☆かぶきがわかるねこづくし絵本えほん2 義経千本桜よしつねせんぼんざくら瀧晴巳たきはるみ解説かいせつ講談社こうだんしゃ/1728えん

 平家滅亡後へいけめつぼうごあに源頼朝みなもとのよりともから謀反むほんうたがいをかけられた源義経みなもとのよしつねみやこわれました。義経よしつねしたい、静御前しずかごぜんいかけてきました。静御前しずかごぜん初音はつねつづみつと……。


 ■プロフィル■

 愛知県名古屋市出身あいちけんなごやししゅっしん。イラストレーター、グラフィックデザイナー。ポストカードなどで人気にんきの「かぶきねこづくし」シリーズ、「四季しきねこねこ」シリーズをがける。

あわせて読みたい