Pyeongchang2018

メダル授与式、なぜ別会場? 屋外競技の天候を考慮

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 韓国かんこく平昌冬季ピョンチャンとうきオリンピック(五輪ごりん)のメダル授与式じゅよしきは、競技きょうぎわった直後ちょくごではなく、競技当日きょうぎとうじつまたは翌日よくじつよるひらかれています。

 国際こくさいオリンピック委員会いいんかい(IOC)によると、なつ五輪ごりんでは試合直後しあいちょくご会場かいじょうでメダルがわたされますが、冬季五輪とうきごりん屋外おくがい競技きょうぎ天候てんこうによって会場かいじょう授与式じゅよしきひらくのがむずかしいからだといいます。競技きょうぎによって対応たいおうがばらばらにならないよう、屋内おくない競技きょうぎおなじようによる授与式じゅよしきひらいています。

 試合しあい直後ちょくご会場かいじょうでひらかれるのは「ベニュー(会場かいじょう)セレモニー」。平昌五輪ピョンチャンごりん場合ばあい選手せんしゅには大会たいかいマスコット「スホラン」のぬいぐるみがおくられます。メダル授与式じゅよしき全種目ぜんしゅもく平昌ピョンチャンにある特設会場とくせつかいじょう「メダルプラザ」でひらかれ、メダルのほかに平昌ピョンチャン風景ふうけいをモチーフにした木製もくせい記念品きねんひんおくられます。

 今日きょうは、タイミングがずれるためになかなか紹介しょうかいできなかったこれまでのメダリストのメダルをにした写真しゃしん掲載けいさいします。

あわせて読みたい