中学生作家

先輩3人がエール 鈴木さんが対談

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

「いろいろな経験けいけんを」 石田いしださん

みやすさは宝物たからもの」 西原さいばらさん

きたいものく」 あさのさん

 デビューさく「さよなら、田中たなかさん」(小学館しょうがくかん)が話題わだい中学生作家ちゅうがくせいさっか鈴木すずきるりかさん(14)が3月末がつまつ作家さっか石田衣良いしだいらさん(58)、あさのあつこさん(63)、漫画家まんがか西原理恵子さいばらりえこさん(53)と東京とうきょう都内とない対談たいだんしました。小学しょうがくねんときから鈴木すずきさんを見守みまもってきた3にんと、作家さっかとしての才能さいのう心構こころがまえについてはなしました。【篠口純子しのぐちじゅんこ

     ◇

 小学しょうがくねんときはじめていた小説しょうせつ小学生限定しょうがくせいげんていの「12さい文学賞ぶんがくしょう」で大賞たいしょう受賞じゅしょう小学しょうがくねんまで3年連続ねんれんぞく大賞たいしょう受賞じゅしょうしました。審査員しんさいんつとめた石田いしださんたちからは「ぜひつづけてほしい」と絶賛ぜっさんされてきました。

 昨年さくねん10がつ受賞作品じゅしょうさくひんなおした2へんに、ろし3ぺんくわえて「さよなら、田中たなかさん」を刊行かんこうしました。まずしいけれどあかるく元気げんき小学しょうがくねんおんなとおかあさんをえがいた連作短編集れんさくたんぺんしゅう。これまで7まん5000げました。デビューさくだいヒットにめぐまれた鈴木すずきさん。ちょっと戸惑とまどいもあるようです。文学賞ぶんがくしょう主催しゅさいした小学館しょうがくかんもうけた対談たいだんで、先輩せんぱいにんにアドバイスをもらいました。

 石田いしださんは審査員しんさいんとして、はじめて鈴木すずきさんの作品さくひんんだときのことを「人間にんげんうらおもて社会しゃかいひかりかげ自分じぶんなりのて、すくいあげていている。作家さっかっている印象いんしょうがあった」とかえります。あさのさんも「人間にんげん生身なまみこえいきづかい、体温たいおんがこちらにせまってくるように立体的りったいてきえがかれていました。物語ものがたり破天荒はてんこう世界せかいではないのに、すごく迫力はくりょくがあった」とはなします。

 中学ちゅうがくねん刊行かんこうされた「さよなら、田中たなかさん」をみ、「順調じゅんちょう成長せいちょうしているとおもいました。ものをはできあがっているから、一人ひとり人間にんげんとしていろいろな経験けいけんをしてほしい」と石田いしださん。西原さいばらさんは「最初さいしょの2、3ぎょうでさっとはいっていくことができ、みやすい。マンガも最初さいしょの1ページが大事だいじみやすいのは宝物たからものだとおもう」とはなします。

 鈴木すずきさんが「作家さっか漫画家まんがかを10年以上続ねんいじょうつづけられる秘訣ひけつは?」と質問しつもんしました。石田いしださんは「これから出版業界しゅっぱんぎょうかいきびしくなる。そのなかのこれるように頑張がんばっていかないといけない」と現実げんじつきびしさを指摘してきする一方いっぽうで、「きないでまずは10年続ねんつづけてほしい」とアドバイスしました。あさのさんも「デビューしたころは、他人たにん評価ひょうか一喜一憂いっきいちゆうしたこともありました。れるにしたことはないけれど、自分じぶんきたいものをくことが大事だいじ」とエールをおくりました。

 鈴木すずきさんはこのはるから中学ちゅうがく年生ねんせいになりました。志賀直哉しがなおや吉村昭よしむらあきら愛読あいどくし、最近さいきん崔実チェシルさんの青春小説せいしゅんしょうせつ「ジニのパズル」や吉田兼好よしだけんこう随筆ずいひつ徒然草つれづれぐさ」がおもしろかったといいます。読書以外どくしょいがいに、くことや料理りょうり、ギターもきです。

 現在げんざいつぎ小説しょうせつ執筆中しっぴつちゅうです。「中学校ちゅうがっこう舞台ぶたいにした作品さくひんいています。自分じぶんなか登場人物とうじょうじんぶつうご光景こうけいをそのまま文章ぶんしょうくことが、すごくたのしい。いつかアルバイトにも挑戦ちょうせんしてみたいです。経験けいけん作品さくひんかせるといいです」とはなしました。

あわせて読みたい