連載

疑問氷解

読者から寄せられた身の回りの素朴な疑問、もやもやしていることについて、記者が取材しお答えします。これであなたもすっきり!?

連載一覧

疑問氷解

手にできる「タコ」と「マメ」の違いは何?

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
マメ、タコ、ウオノメの仕組み 拡大
マメ、タコ、ウオノメの仕組み

マメは水膨みずぶくれ、タコはあつ角質かくしつ

 Q にできる「タコ」と「マメ」のちがいはなに?(東京都練馬区とうきょうとねりまくしょう男子だんし

 A 野球やきゅうのバットやテニスのラケットをにぎっていると、にタコやマメができて、いたくなることがあります。自治医科大学付属じちいかだいがくふぞくさいたま医療いりょうセンター皮膚科講師ひふかこうし川瀬正昭かわせまさあきさんにきました。

 皮膚ひふ一番外側いちばんそとがわには角質層かくしつそうばれるかたそうがあって、そとからの刺激しげきからからだまもっています。そのした表皮ひょうひ真皮しんぴがあります。

 タコもマメも、皮膚ひふの1かしょ刺激しげきちからくわわることでできます。短期間たんきかん刺激しげき体内たいない水分すいぶんあつまって水膨みずぶくれになったものがマメです。あたらしいくつやサイズのわないくつをはいたときにできるくつずれもマメです。刺激しげきかえされて、角質層かくしつそうあつかたくなってがったものがタコです。タコは、皮膚ひふまもろうとする防御反応ぼうぎょはんのうでできます。

 タコは、生活習慣せいかつしゅうかんくせでできるものもあります。ペンをつとペンがたるゆびにできる「ペンダコ」や、長時間正座ちょうじかんせいざをするとあしのくるぶしにできる「すわりダコ」です。

 タコとたものに、あしうらゆびにできる「ウオノメ」があります。ウオノメは角質かくしつしんのようになって、真皮しんぴにくさびじょうみます。直径ちょっけい5~7ミリメートルで、中心ちゅうしんさかなのようなしんえます。あるいたり圧迫あっぱくしたりすると、はげしいいたみがあります。

ばいきん注意ちゅうい

 マメは、消毒しょうどくしたはりしてみずすといたみがやわらぐこともありますが、さわらないほうがいい場合ばあいもあります。タコは、かたくなった角質層かくしつそうけずることもできますが、どちらもばいきんはいらないようにをつけましょう。いたみやあかみがある場合ばあいは、皮膚科ひふか受診じゅしんしてください。

 手袋てぶくろやテーピングをしたり、くつずれ防止ぼうしのパッドをくつったりすると、マメやタコができにくくなります。【野本のもとみどり】


疑問募集ぎもんぼしゅう

 まわりの素朴そぼく疑問ぎもんをおちしています。はがきにいて、〒100-8051(住所じゅうしょはいりません)毎日小学生新聞まいにちしょうがくせいしんぶん疑問氷解ぎもんひょうかいがかりへおせください。

あわせて読みたい