メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外新型コロナ、国内の死者5000人に
的川博士の銀河教室

502 今年の夏は天体ショー 肉眼で楽しめる惑星の姿

 地球公転軌道(ちきゅうこうてんきどう)はかなり円に近いのですが、地球のすぐ外側を回る火星(写真)の軌道(きどう)は少しだけ細長い楕円形(だえんけい)です。火星はおよそ2年2カ月ごとに地球への接近を繰(く)り返していますが、地球に接近する位置が毎回ずれていって、同じ「接近」でも、距離(きょり)が最大と最小で2倍も違(ちが)うのです(図1)。

 今年は15年ぶりの火星大接近。7月31日の最接近が5759万キロで、かなりすごいです。そして、最接近の前後数週間は距離があまり変わらないで、マイナス3等星以上の明るさを維持(いじ)しますから、観測には絶好のチャンスですよ。

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1345文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです