メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

華恵の本と私の物語

/24 チキン!

[PR]

 ドッジボールはわりと得意とくいほうだ。外野がいやにボールがまわった。まずは、あしおそいさゆりちゃんがねらわれるだろう。あ、さゆりちゃんの真後まうしろにボールがいった!

 つぎ瞬間しゅんかん、わたしのあしがしびれた。まさか……足元あしもとに、ボールがころがっている。

 油断ゆだんした。

 「とっちめたぞ、ガイジン!」とこえた。

 村井君むらいくんだ。

 いつものことなのに、なにむねっかかった。

 村井君むらいくんは「ガイジン!」とってくるけど、いじわるではない。ドッジボールにさそってくれるし、男子だんしとふざけてるときみたいに、さくに冗談じょうだんってくる。ガイジンってばないで、なんてえない。

 そのかえり。教室きょうしつると、村井君むらいくん姿すがたえた。

 「ねぇ、村井むらい

 無意識むいしきこえをかけていた。

 「なに?」。村井君むらいくんがこちらをいてしまった。なんておう……。

 「あのさ……なんでいつもおまえは、ガイジンってってくるわけよぅ!」

 ふざけた口調くちょうで、すこ乱暴らんぼうってみた。すると、

 「え? だってハナエがいつもってるじゃん。日本語難にほんごむずかしいって。ガイジンってわれたくないなら、もうあんなことうなよ」

 あんぐりくちをあけてしまった。わたしが、いつ、そんなことを……でも、記憶きおくをたどると、おもたるふしはあった。おこったときや、すっごくうれしいときに、なにかを間違まちがえることがある。そのさい、ごまかすように「ニッポンゴ、ムズカシイ」とふざけている。

 なんでそうっていたのか、自分じぶんでもわからない。でも、さきかべつくっていたのは、わたしのほうだった。

 「……もうわない。そのかわり、あんたはもう、ガイジンってうな!」

 とわたしがうと

 「おう、約束やくそくな!」と村井君むらいくんわらった。

  + + + + 

 『チキン!』にてくる転校生てんこうせい真中まなかさんは、ズバズバとおもったことをくちにします。クラスのなかでヒヤリとする場面ばめんてきたり、「ぼく」もそれにまれたりします。でも、真中まなかさんはちょっと、無理むりをしていたのです。あるときぼくが真中まなかさんにいます。

 「もっとしんじてくれてもいいとおもう。真中まなかさんがて、ちょっとずつみんなわったよ」

 こんなことをってくるがいたら、本当ほんとう自分じぶんせられるともだちになっただろうな、とおもいます。

 クラスの空気くうきとかノリ、そして自分じぶんのキャラは、ぜったいにこわしてはいけないとおもっていました。

 でも、そのなかでも、村井むらいくんとは正直しょうじきはなせたわけで……。ともだちに、自分じぶんせた瞬間しゅんかんって、ずっとこころのこるものです。


『チキン!』

いとうみく・ちょ こがしわかおり・

文研出版ぶんけんしゅっぱん 1404えん


 エッセイストの華恵はなえさんが、ほんにまつわるおもきなほん紹介しょうかいします

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  5. 特集ワイド 二階派で活動2年、自民入り目指す細野豪志氏 批判されても私は違う道 安保政策は一致、人間関係には苦慮

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです