連載

的川博士の銀河教室

宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、JAXA名誉教授の的川泰宣さんが解説する長寿連載です。

連載一覧

的川博士の銀河教室

516 「はやぶさ2」いよいよ本番

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

着地点候補の意味

 さる8月17日、JAXA(ジャクサ)相模原キャンパスに、小惑星(しょうわくせい)探査機「はやぶさ2」の国内外のメンバー合計109人が集まり、2年前から議論していた小惑星リュウグウの着地点を選びました。議論は白熱し、夜までかかって結論が出ました。何しろ岩だらけの表面です(図1)。選定には難儀(なんぎ)しました。今回はその候補をどういう基準で選んだのかを話しましょう。

 着地点候補としては、赤道から±30度(緯度(いど))であることが最優先。これは着陸のしやすさです。リュウグウの半径が500メートルなので、これはリュウグウの赤道を中心とする±200メートル以内の領域になります。それに加えて、以下の四つの条件が挙げられました。

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1318文字)

あわせて読みたい