連載

的川博士の銀河教室

宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、JAXA名誉教授の的川泰宣さんが解説する長寿連載です。

連載一覧

的川博士の銀河教室

517 ぴょんぴょんローバー、リュウグウ着陸

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

世界初の快挙

 宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))はさる9月21日、小惑星(しょうわくせい)探査機「はやぶさ2」から「ミネルバ2-1」を分離(ぶんり)し、小惑星リュウグウに着陸させることに成功しました。送ってきた画像やデータから、リュウグウ表面を移動していることも確認し、小惑星表面で移動しながら探査をする世界で初めての人工物となりました。

 「はやぶさ2」の下面には「ミネルバ2-1」と「ミネルバ2-2」が収納されていて(図1)、今回分離し着陸したのは「2-1」の方です。「2-1」は「はやぶさ2」から分離直後にケースの蓋(ふた)が開いて、小さなローバー(探査ロボット)が2台飛び出します。2台とも状態は正常で、内蔵したモーターの回転の反動を使って、リュウグウ表面をぴょんぴょん跳(と)びはねながら観測します(図2)。図3に、この「ぴょんぴ…

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1320文字)

あわせて読みたい