メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

国際 アメリカ・カナダ・メキシコ 貿易ルール見直し

トランプ大統領

[PR]

日本にっぽん影響えいきょう

 アメリカとカナダ、メキシコの3かこくむすんでいる北米自由貿易協定ほくべいじゆうぼうえききょうていNAFTAナフタ)という貿易ぼうえきのルールがアメリカに有利ゆうり内容ないよう見直みなおされることになりました。アメリカ政府せいふ日本にっぽんにもおなじようなルール変更へんこうもとめるのではと、政府せいふ自動車じどうしゃメーカーは警戒けいかいしています。

 しんルールでは、自動車じどうしゃ関税かんぜいをゼロにする条件じょうけんきびしくします。また、アメリカへの自動車じどうしゃ輸出ゆしゅつ約束やくそくりょうえると、アメリカが関税かんぜいをかける「数量規制すうりょうきせい」をはじめます。

 アメリカの自動車産業じどうしゃさんぎょうまもろうとするトランプ政権せいけんつよ要望ようぼうしました。アメリカとメキシコの両政府りょうせいふは8がつに、アメリカとカナダも9がつ30にち日本時間にほんじかん10がつついたち)に合意ごういしました。メキシコもカナダもいやだとはいえませんでした。両国りょうこくにとって、アメリカは最大さいだい貿易相手国ぼうえきあいてこくだからです。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです