連載

的川博士の銀河教室

宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、JAXA名誉教授の的川泰宣さんが解説する長寿連載です。

連載一覧

的川博士の銀河教室

518 ぴょんぴょんローバー撮影

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

ほぼ無重力、雄大なジャンプ

 小惑星(しょうわくせい)探査機「はやぶさ2」から小惑星リュウグウに着陸してぴょんぴょん跳(と)びはねている2台のローバー(探査ロボット)から、リュウグウの表面の画像がすでに100枚以上、「はやぶさ2」本体を経由して送られてきています。2台合わせると、9月27日の時点で13回もジャンプしてあちこち縦横無尽(じゅうおうむじん)に移動していることも分かりました。1回あたり20~30メートルくらいのジャンプのようですね。重力がほとんどないから、ジャンプすると滞空(たいくう)時間が長く、15分くらい雄大(ゆうだい)にゆったりと跳び、まるでスローモーションを見ているような跳躍(ちょうやく)です。

 たとえば写真1は2台のローバーのうちの「ミネルバ2-1B」が撮影したもの。すごい光景ですね。まさに、岩塊(がんかい)(ボルダー)だらけ。「ミネルバ2-1A」が撮(と)った写真2の地形もすさまじいですね。「これほど劇的な表面写真は世界で初めてだ」と、海外のニュースでも評判になっています。もうちょっと砂地があると思ったのになあ。チームでは、10月下旬に予定している「はやぶさ2」本体の着陸が非常に困難…

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1331文字)

あわせて読みたい