メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

華恵の本と私の物語

/27 あの人が同窓会に来ない理由

[PR]

 ばったり友人ゆうじんった。

 「あっこわらないね。部活ぶかつのみんな元気げんきかな」

 「たまにあつまるよ、クリちゃんは結婚けっこんして、よっしーは今海外いまかいがいにいて」

 ……ばれてない。

 「ハ、ハナエいそがしそうだし」

 ぎこちない笑顔えがおで、バイバイ、とわかれた。

 「中国武術部ちゅうごくぶじゅつぶ」。カンフーのかたを、コーチからおそわる。三節棍さんせつこんとうけんなどの武器ぶき使つかひとと、わたしのようになにたず「ハッ!」とわざめるひとがいた。

 高校こうこう年生ねんせいわり。引退いんたいちかづき、最後さいご武器ぶきをやってみたいとコーチにもうると、部室ぶしつからとうってくるようにわれた。

 あこがれの武器ぶき王道おうどうとう

武器ぶき使つかってこなかったひとこそ、基礎きそがしっかりしている。すぐにわざができるぞ」とコーチはい、次々つぎつぎわざおしえてくれた。いきおいよくとうしておとらしたり、あたままわりですばやくまわしたり。先輩せんぱいたちやわきのバスケ部員ぶいんたちから「かっこいい!」というこえもあがる。

 そのとき。りんちゃんが体育館たいいくかん舞台ぶたいし、うわー!とこえをあげてはじめた。彼女かのじょは1年生ねんせいころからとうをやってきた。どうしたのかと、ちかづこうとすると「こないで!」とにらまれ、怒鳴どなられた。

 コーチの指導しどうわってもりんちゃんはまだしずかにつづけ、まわりに5、6にんなぐさめているたちがいた。あっこがそのからはなれた。

 「ねぇ、どうしたの」

 あっこにいてみた。

 「ハナエがやったわざは、りんちゃんが、1ねんくらいたってからやっとおしえてもらったものなんだって」

 そうか。今日きょうはじめてとうさわった程度ていどのわたしがおそわっているのをて、あたまにきたわけか……。

 翌週よくしゅう、わたしは退部届たいぶとどけした。

 「りんちゃんもあのとき余裕よゆうがなかったんだよ。いま部活ぶかつをやめたら、りんちゃんもにするよ。直接話ちょくせつはなしてみなよ」と何人なんにんかからわれた。でも、居心地いごこちわるいところにいるなんてバカバカしい、とわたしはてた。

 それきりだ。いま、みんなのあつまりで、こえもかからないのは、当然とうぜんだろう。

  + + + +

 『あのひと同窓会どうそうかいない理由りゆう』では、宏樹ひろき同窓会どうそうかい幹事かんじまかされ、すこしでもおおくの同級生どうきゅうせいぶようにわれます。30さいぎると年々出席者ねんねんしゅっせきしゃってきます。そこで、連絡れんらくがとれない同級生どうきゅうせいたちがいまどうしているか、宏樹ひろき自力じりきでたどりはじめるのです。

 やがて中学時代ちゅうがくじだいのある事件じけん真相しんそうあきらかになります。当時とうじもっと素直すなおになっていれば、とためいきるなんともかなしい事件じけんです。

 わたしもあのとき、意地いじりすぎたかも。同窓会どうそうかいけないっておもっていた以上いじょうさびしいものです。


『あのひと同窓会どうそうかいない理由りゆう

はらだみずき・ちょ

幻冬舎文庫げんとうしゃぶんこ 702えん


 エッセイストの華恵はなえさんが、ほんにまつわるおもきなほん紹介しょうかいします

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです