連載

的川博士の銀河教室

宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、JAXA名誉教授の的川泰宣さんが解説する長寿連載です。

連載一覧

的川博士の銀河教室

521 ベピ・コロンボ計画

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

日本初の水星探査機「みお」発進!

 日本・欧州(おうしゅう)共同の水星探査計画「ベピ・コロンボ」の2機の探査機が、さる10月19日、欧州のアリアン・ロケットに搭載(とうさい)されて、南米・仏領ギアナのクールー宇宙基地から水星に向け、旅立ちました(写真1)。これから7年の旅を経て、2025年末に水星に到着(とうちゃく)します。日本も欧州も水星に探査機を送るのは初めてで、世界的に見ても、アメリカのマリナー10号、メッセンジャーに次ぐ3度目のミッションです。

 今回のアリアン・ロケットには、日本と欧州がそれぞれ開発した2機の探査機が載(の)せられています(図1)。日本の探査機MMOは、「みお」と命名されており、水星の磁場の振(ふ)る舞(ま)いを調べ、太陽風とのせめぎ合いを研究します。欧州の探査機MPOは、水星の地形を調査し、高度分布や地下の状態を観測し、表面の構造や組成を研究します。

この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1349文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい