連載

的川博士の銀河教室

宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、JAXA名誉教授の的川泰宣さんが解説する長寿連載です。

連載一覧

的川博士の銀河教室

522 探査機「はやぶさ2」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

圧巻だった降下リハーサル

 日本の探査機「はやぶさ2」は、さる10月14~16日に行った第2回の降下リハーサルで高度22.3メートルまで降りることに成功、そしてさらに10月23~25日に実施(じっし)した第3回リハーサルでは、高度12メートルに達しました(図1)。

 実際の着陸の際、高度100メートルくらいから下は、地球から指令を送っていたのでは間に合わず、「はやぶさ2」は自分で何もかもやらなければなりません。そして高度30メートル以降は、地面に沿った姿勢で着陸してサンプルをとるため、レーザーを「はやぶさ2」本体から4本発射して、リュウグウの地面の角度を正確に見極めます(図2)。その際の頼(たの)みの綱(つな)は、距離計(きょりけい)(LRF:レーザー・レンジ・ファインダー)です。

 今回は2回目のリハーサルで、LRFが想定通りに機能することと「はやぶさ2」が半径約5メートルの円の中心を狙(ねら)って降りて行けば、その円の内側に到達(とうたつ)できることを確認しました。着陸の候補地L08の内部に、半径10メートルくらいのかなり平らそうなところがあり、そこを狙いたいのでしょう。そして3回目には、さらに高い着陸精度を確認した可能性があります。

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1378文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい