連載

NEWSの窓

毎日新聞のベテラン記者たちが、政治や経済、国際問題、科学、スポーツ、メディアをテーマにやさしく解説します。

連載一覧

NEWSの窓

国際 どうなる北方領土 最大でも2島返還?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
写真はAP 拡大
写真はAP

田中洋之たなかひろゆき 毎日新聞まいにちしんぶん 編集委員へんしゅういいん

 日本にっぽんとロシアのあいだ長年ながねん解決かいけつされてこなかった北方領土ほっぽうりょうど歯舞群島はぼまいぐんとう色丹島しこたんとう国後くなしりとう択捉えとろふとう問題もんだいうごそうとしています。安倍晋三あべしんぞう総理大臣そうりだいじんとプーチン大統領だいとうりょう先月せんげつ14会談かいだんし、1956ねんにっ共同きょうどう宣言せんげん基礎きそ平和条約へいわじょうやく交渉こうしょう加速かそくさせることで合意ごういしたのです。

 北方ほっぽう四島よんとう第二次世界大戦だいにじせかいたいせん当時とうじのソれん占領せんりょうし、ロシアが実効支配じっこうしはいつづけています。にっソの国交こっこう回復かいふくさせた共同きょうどう宣言せんげんは、平和条約へいわじょうやくむすばれたあとに歯舞はぼまい色丹しこたん日本にっぽんわたすと明記めいきしています。ただ、国後くなしり択捉えとろふについてはなにかれていません。

 共同きょうどう宣言せんげんいま有効ゆうこうだとみとめたプーチン大統領だいとうりょう立場たちば一貫いっかんしています。それは日本にっぽんわた可能性かのうせいがあるのは最大さいだい歯舞はぼまい色丹しこたんの2とうで、国後くなしり択捉えとろふ問題外もんだいがいということです。日本にっぽんは4とうすべての返還へんかん目指めざし、さまざまな努力どりょくつづけてきました。しかし、ロシアがわ態度たいどかたく、進展しんてんはみられませんでした。

 今回こんかい合意ごういは、日本側にほんがわ従来じゅうらい方針ほうしんえてロシアにあゆったようにみえます。4とうにこだわってなにうごかないより、共同きょうどう宣言せんげんもとづき歯舞はぼまい色丹しこたん返還へんかん実現じつげんさせたいということでしょうか。もと島民とうみんたちは高齢化こうれいかすすみ、一日いちにちはや返還へんかんのぞんでいます。

 とはいえ、2とう返還へんかんけっして簡単かんたんではありません。色丹島しこたんとうやく3000にんのロシアじんをどのようにあつかうかなど問題もんだい山積やまづみで、プーチン大統領だいとうりょうもすべては今後こんご交渉こうしょう次第しだいとのかんがえをしめしています。また2とう議論ぎろん集中しゅうちゅうすると、のこ国後くなしり択捉えとろふ返還へんかんはますますとおのいてしまうでしょう。

 日本政府にっぽんせいふはこれまで「4とう日本固有にほんこゆう領土りょうど」と主張しゅちょうしてきました。安倍総理あべそうりがもし「2とうだけの返還へんかん」で決着けっちゃくさせようとしているのなら、国民こくみんにきちんと説明せつめいし、しんうことが必要ひつようではないでしょうか。


 通算つうさん年半ねんはんにわたりモスクワ特派員とくはいんをつとめ、ユーラシア大陸たいりく各地かくち取材しゅざいした。ロシアがんだキャラクター「チェブラーシカ」をこよなくあいする。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る