連載

的川博士の銀河教室

宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、JAXA名誉教授の的川泰宣さんが解説する長寿連載です。

連載一覧

的川博士の銀河教室

531 「嫦娥4号」 月の裏側に着陸

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

ローバーも活動開始

 みなさん、明けましておめでとうございます。年末年始には、世界でさまざまな宇宙のニュースが飛び交いました。特筆すべきは、中国からのニュースでしょう。

 さる1月3日午前、中国の月探査機「嫦娥(じょうが)4号」が、月の裏側に軟着陸(なんちゃくりく)しました。同日午後には、月面に降ろしたローバー(探査車)「玉兎(ぎょくと)2号」も活動を開始しています(写真1)。これまでたくさんの着陸機が月面に降り立ちましたが、月の裏側に軟着陸したのは初めてです。

 月の裏側が地球から直接は見えないことは知っているでしょう。そこで「嫦娥4号」の着陸は、地上局から作業の命令をいちいち送ることができません。だから、搭載(とうさい)しているコンピューターに作業の手順をプログラムしておいて、「嫦娥4号」が自分の判断ですべて行わなくてはいけません。見事にそれが遂行(すいこう)されました。当然ながら地球と直接通信ができないので、地球の管制センターとの通信は、あらかじめ月…

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1401文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい