連載

的川博士の銀河教室

宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、JAXA名誉教授の的川泰宣さんが解説する長寿連載です。

連載一覧

的川博士の銀河教室

532 リュウグウの地形に名前

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

最大クレーターは「ウラシマ」

 日本の小惑星(しょうわくせい)探査機「はやぶさ2」チームが、小惑星リュウグウの表面いっぱいに浦島太郎(うらしまたろう)の話を描(えが)きました。表面の代表的な地形に、浦島(うらしま)伝説に登場する主人公を中心として、いろいろな名前を付けたのです。すでに国際天文学連合に申請(しんせい)していたのが、公式に認められたというわけ。

 チームがすでに「アリスの不思議の国」とか「オトヒメ」などの愛称(あいしょう)で呼んでいた地域や岩塊(がんかい)もありますが、このたび正式に命名したのは13カ所です(図1)。13の場所にはいずれも、子どもたちにおなじみの物語に登場する名前が付いていますよ。

この記事は有料記事です。

残り1122文字(全文1428文字)

あわせて読みたい