メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

社会 クリハラリスが急増 学会「対策必要」

クリハラリス=県提供

[PR]

 農作物のうさくぶつらしたり、生態系せいたいけい被害ひがいをもたらしたりするという特定外来生物とくていがいらいせいぶつ「クリハラリス」=写真しゃしん神奈川県かながわけん提供ていきょう=のすむ地域ちいきが、神奈川県かながわけん横浜市よこはましにも拡大かくだいしていることがかりました。日本哺乳類学会にほんほにゅうるいがっかいは28にちけん県内けんない全域ぜんいき対策たいさくをとるようもとめました。

 クリハラリスはもともと中国ちゅうごく南部なんぶからインド北東部ほくとうぶ台湾たいわんなどにすみます。しまにあった施設しせつからすなどして、1950ねんだいには鎌倉市かまくらし野生化やせいか確認かくにんされました。やがて横須賀よこすか三浦半島みうらはんとう全域ぜんいき拡大かくだいし、最近さいきんでは横浜市よこはまし北部ほくぶでも分布ぶんぷ報告ほうこくがあるといいます。とりたまご昆虫こんちゅうべるほか、ニホンリスの減少げんしょう心配しんぱいされます。

 農作物のうさくぶつなどへの被害ひがいふせぐため、2017ねん県内けんないやく4600とうつかまえました。どう学会がっかいは、捕獲ほかくなど計画けいかくてき対策たいさく必要性ひつようせいうったえました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 赤ちゃんザル「エール」優勝 高崎山・選抜総選挙 大分

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. 名前は「けしモン」! 大分市消防局マスコット、20年越し命名

  5. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです