連載

的川博士の銀河教室

宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、JAXA名誉教授の的川泰宣さんが解説する長寿連載です。

連載一覧

的川博士の銀河教室

534 「はやぶさ2」のサンプル採取/1

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

初代はやぶさを踏襲

 これまで、ローバー(探査ロボット)は小惑星(しょうわくせい)リュウグウに着陸しましたが、「はやぶさ2」本体はまだ表面に降(お)りていません。最初に「はやぶさ2」が舞(ま)い降りるのは2月後半(図1)。これが最初のサンプル採取への挑戦(ちょうせん)。採取には、基本的に初代「はやぶさ」(図2)が採用した方法が踏襲(とうしゅう)されます。

 その方法とはつまり、筒(つつ)の形をしたサンプラーホーン(図3)の先端(せんたん)が地面に触(ふ)れた瞬間(しゅんかん)、コンピューターが指令を発して、小さな弾丸(だんがん)が撃(う)ち出されます。するとリュウグウの表面が砕(くだ)かれ、舞い上がった石や砂やホコリがホーンの内部を上昇(じょうしょう)していき、格納庫(キャッチャー)に入るという仕組みです。初代「はやぶさ」はこのやり方で人類史上初め…

この記事は有料記事です。

残り1007文字(全文1384文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい