連載

的川博士の銀河教室

宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、JAXA名誉教授の的川泰宣さんが解説する長寿連載です。

連載一覧

的川博士の銀河教室

535 「はやぶさ2」のサンプル採取/2

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

弾丸をぶつけクレーター作る

 「はやぶさ2」では、弾丸(だんがん)を撃(う)ち込(こ)んで小惑星(しょうわくせい)のサンプルを舞(ま)い上げる採取方法に加えて、爆薬(ばくやく)を使って銅板の弾丸を加速し、人工のクレーターをつくる衝突(しょうとつ)装置(インパクター)が考案されました。インパクターは、直径30センチ、高さ20センチの円筒(えんとう)形で、質量は14キロほど。この装置は「はやぶさ2」の底面に設置され、「はやぶさ2」の降下中に分離(ぶんり)されます。そして間合いを見計らって、空中で爆破(ばくは)。その時に加速・放出された銅板(約2キロ)が、秒速2キロ以上まで瞬時(しゅんじ)に加速しながら、半球状に変形し(図1)、スピンをしながら小惑星の表面に激突(げきとつ)して直径数メートルのクレーターをつくります。

 実は、小惑星の表面物質は、太陽風によって「風化」することが知られていて、前回述べた「サンプラー」方式では、この地表の浅い部分の物質しか得ることができません。しかし、インパクターで作ったばかりのクレーターの内部にタッチダウン(着陸)できれば、激しい衝突で露出(ろしゅつ)した地下物質が採取できます。内部の物質は、この小惑星のできたての様子を保存していると考えられますから、このインパクターが採取したサ…

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1391文字)

あわせて読みたい