連載

的川博士の銀河教室

宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、JAXA名誉教授の的川泰宣さんが解説する長寿連載です。

連載一覧

的川博士の銀河教室

538 「はやぶさ2」着陸して弾丸発射

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

大きなかけらが期待できそう

 小惑星(しょうわくせい)「リュウグウ」への着陸に向け、さる2月21日午後1時15分、高度20キロからの降下を始めた「はやぶさ2」は、22日午前6時ごろには高度50メートル付近まで達しました。すでに自律制御(せいぎょ)に入っている探査機に、6時14分、管制室から最後の「GO」指令が送られました。

 午前7時半、「はやぶさ2」が、リュウグウ表面に目印のボール(ターゲットマーカー)をとらえたことが判明。息を潜(ひそ)めて高度だけに注目するスタッフ。7時48分、管制室のモニターに、「はやぶさ2」から、リュウグウに着陸した後に離陸(りりく)したことを示すデータが送られてきました。管制室に拍手(はくしゅ)と笑顔が広がりました。

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1297文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい